大相撲両国国技館の観戦チケット購入方法と席の種類どんなかんじ?

相撲観戦,チケット購入




日本人横綱が誕生して、益々盛り上がりを見せている大相撲
一度は相撲会場で観戦したいですよね。
ファミリー向けの席やイベントも用意されていて、両親を連れての観戦も、いいかもしれませんね。
今回は会場の席の種類、チケットの購入方法を解説します。


相撲,チケット購入

開催日

 

本場所として開催されるのは

 開催月  正式名称   通称   開催場所
1月 1月場所 初場所 国技館
3月 三月場所 春場所 大阪府立体育館
5月 五月場所 夏場所 愛知体育館
7月 七月場所 名古屋場所 愛知体育館
9月 九月場所 秋場所 国技館
11月 十一月場所 九州場所 福岡国際センター


本場所というのは、公式戦でここでの取り組みの良しあしで地位、大関とか横綱への昇進

給与が決められます。
その他に地方巡業や海外公演もあります。

今回は本場所国技館でのチケットの取り方です。
テレビで観ていてなんとなく知っているけど
まずは、どんな席があるのかです。

座席の種類は?

溜席

溜席(タマリ席)は土俵周りの席で布団に座って観る席です。
テレビ中継で見える土俵に一番近い席で通称「砂かぶり」
飲食禁止、カメラ撮影禁止、小学生以下NGと注意点が多いです。

さらに土俵下なので力士が落下してきて、ケガをした場合の補償もないそうです。
迫力ある取り組みを観れる代わりにリスクも高いのですね。

料金は一人14,800円と高価

溜席は、約500人の席が用意されていますが、そのうちの300席は「維持員席」と言う
後援団体や
個人、法人で寄付をした維持員に、席が割りあてられているのでゲットするのが
難しい希少席です。

升席

升席(マス席)は、溜席の後ろの1階部分の席で基本は4人分の座布団が敷かれた
四角席です。
その形から升席と言われています。

4人席以外に数は、すくないですが1人用や6人用もあります。

4人用の升席を男性4人なんかだとスペース的にきつい感じです。
男性でなくても4人で脚を伸ばして座るのは、難しいので
脚を曲げて座るのが難しい方には お勧めできません。

升席は飲食もできます。

料金は
1~8列目 一人あたり11,700円
9~12列目一人あたり10,600円
13~15列目一人あたり9,500円
前の列から順番に値段が変わってきます。

その他に

おじいちゃん、おばあちゃん、と観戦するのにお勧めのファミリー、シニア升席
関取に赤ちゃんを抱っこして撮影してもらえるチケット「赤ちゃん抱っこと撮影4人マス」という券などあります。
これはこどものいる家族には、いいですね。

イス席

イス席は2階の1~13列目で、テーブルやひじ置きの着いた席があり座り心地のいい席です。
土俵から遠くなってしまうけど見下ろす感じに観戦できます。

座布団で足をまげて座るのが難しい方には、イス席はおすすめです。

料金は
1~6列目 一人8,500円
7~11列目一人5,100円
12~13列目一人3,800円
このイス席までが指定席でその後ろの列が自由席です。

自由席

14列目のいす席が自由席です。
この席は、取組日の当日に販売されて

早いもの順に買えるということです。

チケットの買い方

チケットの取り方は、主に

  • インターネット販売
  • 電話販売
  • 相撲案内所
  • 店頭販売

があります。

●インターネット販売では、溜席以外購入できます。
日本相撲協会公式の「チケット大相撲」、「
チケットぴあ」が
ネットでの購入の窓口ですが

 一部の席は、チケット大相撲でしか買えない席もあるので注意が必要です。

●電話販売はすべての席の購入ができます。
溜席が購入できるのは、電話販売での抽選予約で購入することになります。

●相撲案内所は相撲協会公認のチケット仲介人で、主に升席を扱っています。
 チケットの手配、席への案内、お弁当、飲み物、お土産など用意してくれます。

 もちろん料金はそれなりに掛かります。
 通路がわの席や条件の良い席も扱っていますが、値段は時価になるそうです。

●店頭販売は、自由席のところでも書きましたが、早い者勝ち
 国技館の切符売り場は、一般販売初日の昼12時からです。

 全国から購入しにくるので混雑は、覚悟しないといけないです。
 以前は、発売開始の前日に
整理券配布がありましたが、今は配付してないようです。

まとめ

チョット今日、相撲観に行こうかって気楽にはいけないのが現状です。
それぞれの販売方法に多少違いはありますが、
相撲協会公式のチケット大相撲が
有利な感じがします。

ご両親が相撲好きでしたら
チケットを購入して、相撲観戦をプレゼントなんてのもいいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー